注文住宅を建てた後で後悔しない「壁紙(クロス)」の選び方

注文住宅を建てた後で後悔しない「壁紙(クロス)」の選び方

新築一戸建てを建てることになったら、毎日は様々な選択の連続になり、ちょっと目まぐるしい思いをすることになるかもしれません。土地選びから工務店の選定、使い勝手の良い間取りなど、考えることが山ほどあるのです。
その中でも、選ぶのが楽しいと感じるのは、部屋の壁紙(クロス)ではないでしょうか。
リビングにはこの色、子ども部屋にはかわいらしい模様とイメージを膨らませることは、なんともワクワクする体験ですよね。
でも、壁紙(クロス)はイメージやフィーリングだけで選んでしまって良いものでしょうか。
今回は後悔しない壁紙の選び方をご紹介していきましょう。

これで後悔しない!新築で壁紙(クロス)を選ぶときに押さえたいポイント

その部屋をどのようにしたいのか?を考えて壁紙(クロス)を選ぶ

たとえばリビングの壁紙(クロス)をどうするかと考えたときに、一言で「リビング」といっても、それでイメージされる部屋はきっと人により様々だと思います。
とにかくゆったりとくつろげる部屋をイメージする方もいれば、スタイリッシュな空間にしたいという方もいるでしょう。
また、忘れてはいけないのは、手持ちの家具です。その手持ちの家具をそのまま使用するのなら、それに雰囲気を合わせて壁紙(クロス)を選ぶべきですし、新築を機に、一から揃え直すという予定なら、家具選びとあわせて壁紙(クロス)を選ぶことになります。

床材やドアの素材とマッチするのか?を考えて壁紙(クロス)を選ぶ

壁紙(クロス)を選ぶときには、床材やドアとの相性もチェックしましょう。
フローリングや木製のドアの色味は様々ありますし、木材によっては、節が赤みがかっているようなものもあります。実物は必ず一度見ておきましょう。壁紙(クロス)が選びやすくなります。
好みにもよりますが、一般的に、床と壁紙のカラーの相性は、次のようなものが良いと言われています。

床:白・濃いこげ茶 ⇒ 壁紙(クロス):グレーがかった色味
床:黄色やオレンジ、赤系 ⇒ 壁紙(クロス):ベージュがかった色味
床:白っぽい・茶色・黒に近いこげ茶 ⇒ 壁紙(クロス):白系の壁紙

天井とのバランスを考えて壁紙を選ぶ

天井の色と壁紙(クロス)のバランスも忘れずにチェックしておきましょう。
一般的に、床は一番暗く、壁紙(クロス)を経て、天井を一番明るくする、という順にすれば、天井が高く見え、開放的な空間になります。
ゆったりくつろぎたいリビングや、コンパクトな部屋には、この効果を取り入れた方が良いでしょう。
逆に、床を一番暗く、壁紙(クロス)を経て、天井を壁紙よりやや暗くする、といった配列にすると、落ち着いた空間になりますので、ベッドルームや書斎におすすめです。

天井用壁紙だけにこだわらずに壁紙(クロス)を選ぶ

サンプルをみていると天井用の壁紙(クロス)はバリエーションが少ないと感じてしまうかもしれませんね。天井用壁紙は良く言えばシンプル、悪く言ってしまえば無難で、面白味の少ないパターンがほとんどです。
でも、天井の壁紙(クロス)を選ぶとき、必ずしも「天井用」から選ぶ必要はありません。それなりの厚みがあり、向きがはっきりしたデザインではなく、壁とマッチするものであれば、好きな壁紙(クロス)を選んでも問題ありません。
気に入ったデザインを見つけたら、工務店に「この壁紙(クロス)は天井にも使えますか?」と質問してみましょう。
菅谷工務店では、お施主様のお好みに合わせて、豊富な壁紙(クロス)のリストをいつでもご用意・ご提案できる準備があります。

子育て世代は機能性壁紙も検討して壁紙(クロス)を選ぶ

機能性壁紙というのは、消臭効果や汚れ防止効果のあるタイプの壁紙(クロス)です。
子育て世代なら、とくに汚れ防止効果のある壁紙はぜひ検討してみる余地があります。
小さな子どもがいると、ペンやクレヨンで落書きをしてしまったり、ご飯で汚してしまったりと、どうしても壁紙(クロス)は汚れてしまうものです。
水や中性洗剤などでササッと拭けてキレイになる素材の壁紙(クロス)なら、ストレスが少なくて、重宝すること間違いなしです。
また、水を使う場所の近くには吸放湿効果のある壁紙(クロス)を使うなど、部屋や間取りに合わせて選ぶと、新築一戸建てが完成した後も、最小限のメンテナンスですみます。

サンプルは大きめ、実例付きをチェックしながら壁紙(クロス)を選ぶ

壁紙(クロス)のサンプルをチェックするときには、大きめに切り取られているカタログから選ぶと後悔が少ないでしょう。
小さいサンプルしか見ていないと、実際に壁面という大きな面になったのを見て、少々淡く感じてしまうという傾向があります。薄いベージュのつもりが、実際に貼ってみたところ、ほとんど白だった……といった失敗は、珍しくないのです。
大きめのサンプルがない場合でも、事例写真を見せてもらうなど、できるだけ広い面で確認すると良いでしょう。私たち菅谷工務店でも、必要に応じて、千葉・茨城の施工物件をご案内することができますので、お気軽にご相談ください。やはり実際に壁に張られているところをご覧になるのが、いちばんイメージがしやすいものです。

柄の模様なら面積を考慮して壁紙を選ぶ

最近では、素敵な柄の入った、デザイン性の高い壁紙(クロス)もたくさんあります。柄が気に入って安易に選んでしまうと、柄の主張が強すぎ、落ち着かない部屋になってしまう可能性もあります。
でも、だからといって柄を諦める必要はありません。柄の壁紙(クロス)を選ぶときには、「面積」を考えて選ぶのがコツです。大きな柄の入った壁紙(クロス)は存在感が強いため、ポイントとして使うことをおすすめします。
たとえば、部屋の壁紙(クロス)を1面だけ違うものにすることをアクセントクロスと言います。アクセントクロスにすることで、部屋の雰囲気が華やかになります。その面だけはお気に入りの雑貨を飾るなどして、ディスプレイコーナーとして活用するというのも良さそうです。
また、コンパクトな部屋に大きな柄の壁紙(クロス)を張ると、さらに狭い印象を与えてしまうため、小さな柄の壁紙(クロス)を選びましょう。大胆な大柄の壁紙(クロス)は、広い部屋用に選んでくださいね。

注文住宅を建てた後で後悔しない「壁紙(クロス)」の選び方 まとめ

間取りと異なり、壁紙(クロス)は誤ったチョイスをしても、あとで張替えることはできます。でも、だからといって壁紙(クロス)を安易に選んでしまうのは危険です。
家具を配置してしまったら、全部を完全に移動させないと張替えできませんし、何よりコストがかさみます。
せっかく建てた新築一戸建てですから、「好きな色だから」「個性を出したいから」といった理由で簡単に壁紙(クロス)を選んでしまわず、その部屋を誰が何のために使うのかということを考え、慎重に選んでくださいね。
迷ったとき、選択肢を増やしたいときは、私たち菅谷工務店にお気軽にご相談ください。