夢の新築一戸建てにふさわしいのは?フローリングの種類ごとのメリット・デメリット

夢の新築一戸建てにふさわしいのは?フローリングの種類ごとのメリット・デメリット

いよいよ新築一戸建てを建てることになったら、フローリングの広いリビングを実現したいと思う方は少なくないと思います。
ひと昔前とは異なり、現在ではさまざまなフローリング素材が登場しています。
まるで海外の住宅のような白いフローリングや、重厚感のある濃い木目が美しいタイプまでさまざまです。
床材は、住居の中でも大きな面積を占めるものです。見た目や価格だけに注目し、安易に選ぶと後悔してしまうかもしれません。
今回はフローリング素材の種類と、それぞれのメリット・デメリットをご紹介していきます。

どれを選ぶ?フローリングの種類とメリットデメリット

木の匂いが心地よい「無垢(むく)フローリング」

フローリングと一言で言っても、その種類は、厳密には2つあります。
まずは「無垢(むく)フローリング」。これは単層フローリングとも呼ばれています。広葉樹や針葉樹を細かく破断し、張り合わせたフローリングです。使われる木材によって特性は大きく変わります。

<無垢(むく)フローリングのメリット>

  • 肌触りが良く柔らかい
  • 木の匂いが心地よい
  • 湿度を調節してくれる
  • 劣化しても味わい深く、痛んだ箇所は部分的に削るなどして補修も難しくない

<無垢(むく)フローリングのデメリット>

  • 複合フローリングに比べて高価
  • 湿度の高い家屋では、板が反り返るケースがある
  • 水に弱い
  • どこを使用するかによって、同じ木材でもカラーや雰囲気が大きく異なるため、統一感を出しにくい

水に強くて安価な「複合フローリング」

「複合フローリング」は、合板などの木材の上に、約0.5〜3mm程度の厚みがある木材や特殊シートを張ったタイプのフローリングです。フローリングの床材としては、昭和後期からは、代表的なものになっています。上に貼る木材に厚みを持たせれば、無垢フローリングのような味わいを出せるでしょう。

<複合フローリングのメリット>

  • 無垢フローリングより水に強い(反り返りが少ない)
  • 無垢フローリングより安価
  • 耐衝撃性や防音性に優れるなど特殊な加工がされている床材もある
  • カラーが豊富で統一感のある部屋づくりができる

<複合フローリングのデメリット>

  • 傷がつくと部分修復ではなく張替えになる
  • 湿度は調節できない
  • 素材が堅め

 
無垢フローリングと複合フローリングの違いを理解できたら、次に、素材ごとの特徴とメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

日本人ならやっぱり憧れる「ヒノキ」のフローリング

ヒノキは、昔から日本の住居で広く使われている木材です。大黒柱などのような重要な部位に使用されることも多い、非常に優れた性質をもっています。

<ヒノキのフローリングのメリット>

  • 抗菌作用がある
  • 素材は柔らかいが強度は高い
  • 乾燥しやすく水分に強い
  • 木の匂いが良い

<ヒノキのフローリングのデメリット>

  • 表面にやや傷がつきやすい

かわいらしい雰囲気の「松の木」のフローリング

松の木は別名「パイン材」とも呼ばれている木材です。
「イエローパイン」「ホワイトパイン」などの種類があり、赤みがかった節が特徴です。かわいらしい雰囲気になるため、主に洋風の住居に使われています。

<松の木のフローリングのメリット>

  • 柔らかい素材
  • 熱を吸収する
  • 衝撃に強い

<松の木のフローリングのデメリット>

  • 傷がつきやすい
  • こだわらなければ安価だが節目のないものは高価など価格の見極めが難しい

シックな新築に合う「ウォールナット」のフローリング

ウォールナットはクルミ科の広葉樹です。他の木材よりも濃い深みのある色が特長で、それが好きな方も多くいらっしゃいます。シックな雰囲気の一戸建てが理想の方におすすめです。

<ウォールナットのフローリングのメリット>

  • 傷がつきにくい
  • 強く割れなどが起こりづらい

<ウォールナットのフローリングのデメリット>

  • 素材が堅い
  • 価格が高い(今後も需要が高まっていくため高騰の可能性あり)
  • 濃い目の色なので長く使用すると退色する(味わいと考えればOK)
  • 埃が目立ちやすい

ナチュラルな雰囲気になる「メープル」のフローリング

メープルは広葉樹の楓(かえで)のことです。堅くて丈夫な素材です。木材の中では明るく白っぽい素材であるため、ナチュラルテイストな住居にぴったりです。

<メープルのフローリングのメリット>

  • 傷がつきにくい
  • 明るい色味なので部屋が広く見える

<メープルのフローリングのデメリット>

  • 素材が堅い
  • 明るい色味なので髪の毛などゴミが目立ちやすい

温かみと高級感のある「ブラックチェリー」のフローリング

高級家具などで使用されることが多いのが、バラ科のブラックチェリーです。温かみのある素材感で、すべすべとした手触りが特長です。フローリング材の中では濃い色味になります。

<ブラックチェリーのフローリングのメリット>

  • 傷がつきにくい
  • 手触りが良い
  • 色味が濃く高級感がある

<ブラックチェリーのフローリングのデメリット>

  • 素材が堅い
  • 濃い目の色なので長く使用すると退色する(味わいと考えればOK)
  • 埃が目立ちやすい
  • 高価

丈夫で長持ちする「チーク」のフローリング

チーク材は、東南アジア地域で栽培されている木材です。堅い素材で、耐水性にも優れているため、住居だけでなく船などにも使われています。強く腐食しにくいので、長く使えるフローリング素材と言えるでしょう。

<チークのフローリングのメリット>

  • 傷がつきにくい
  • 害虫に強い
  • 高級感のある色合い
  • 耐水性に優れている

<チークのフローリングのデメリット>

  • 素材が堅い
  • 原産国により色味やクオリティにややバラつきがある

木目をたのしめるクリ(栗)のフローリング

木目を楽しみたいのであればクリがおすすめです。他の素材よりも木目がはっきりと出ているため、無垢材の魅力を最大限に楽しむことができるでしょう。

<クリ(栗)のフローリングのメリット>

  • 傷がつきにくい
  • 耐腐食性

<クリ(栗)のフローリングのデメリット>

  • 素材が堅い
  • 高価

夢の新築一戸建てにふさわしいのは?フローリングの種類ごとのメリット・デメリット まとめ

いかがでしょうか。
それぞれにメリットとデメリットがあり、つい迷ってしまいそうですね。
実際に見てみないと分からないという方は、ぜひ菅谷工務店にご相談してみてください。
住宅メーカーとしての豊富な施工事例がありますので、実例の写真をご覧いただいたり、実際に使用して住まわれている方のご感想を紹介します。ご希望の場合は、過去に私たちが施工した千葉県・茨城県の一戸建てを見学していただくことも可能です。
デメリットとして挙げた特徴は、特殊な加工などによって深く考えなくてもいい程度に軽減することも可能です。インスピレーションも含めて、ご自分の新築一戸建てのイメージに合う素材を選んで、ぜひご相談ください。
理想の住居を思い描きつつ、後悔のないフローリング選びをしてくださいね。