迷っている人は必見!あなたの注文住宅は平屋がいいか、2階建てがいいいか?

迷っている人は必見!あなたの注文住宅は平屋がいいか、2階建てがいいか?

一戸建て住宅を建てるときに意外と悩む人が多いのが、「平屋にするか、複数階にするか」ということです。必要な間取りは決まっているものの、平屋も建てられる広さがあり、近隣にも平屋が多いような場合です。東京都心のように地価が高い場所でなければ、千葉や茨城といった土地柄を考えると、無理をして複数階にする必要はないかもしれません。
子育て世代の方であれば、将来的に家をどうしたいかによっても、とるべき選択は変わるかもしれません。将来、子どもが独立した後、夫婦2人で暮らすのか、それとも二世帯住宅にするのかということも考えなければならないからです。一戸建てを建てて10~15年後、子育てを終えた世代では平屋のほうが良かったと思っている人は少なくありません。
そうした家族構成の変化なども考えて、平屋の一戸建てと二階建ての一戸建て、双方のメリット、デメリットを整理してみましょう。

徹底比較!平屋と2階建てのメリット、デメリット

平屋と2階建て、どちらが費用がかかるの?

この問題はケースバイケースです。
延べ床面積が同じなら、平屋では基礎と屋根のコストが増えるので、費用的にかさんでしまうことがあります。
ただし、平屋は、外壁などをメンテナンスすることになった際に足場が要らないので、安くつくこともあります。
また、2階建てよりは外壁や屋根のメンテナンスは格段に楽なので、ちょっとした修繕をこまめにでき、結果的に安くなるはずです。DIYが好きな方は、壁の塗り替え作業程度なら自分でも行うことができる楽しみもあります。

子どもたちは2階建ての「縦の空間」が大好き!

今、平屋に住まわれているのであれば、子どもたちはきっと2階建てに憧れを持っているでしょう。とくに小さいお子さんは、たいてい2階建てが大好きです。探究心をもって冒険したがります。また、成長して自分だけの空間を持ちたがるようになったりすると、離れた個室があると便利です。

日当たりとセキュリティでは2階建てに軍配

敷地にもよりますが、平屋は、建物中心部の日当たりが悪くなりがちなので、中庭を設ける、コ型プランにする、天窓を設置するなどの工夫が必要です。
また、都市部や住宅街などでは、「周りの2階建ての家から丸見えで視線が気になる」という声も聞かれます。洗濯物などを干す際も外構面に干すのではなく、内庭側で会ったりと、いろいろ防犯対策を施す必要があります。
2階建ての場合は、2階部分より上の階は外部からの目線が入りにくい構造になります。家族のプライベート空間を守ることができます。
その一方で、ドアを締め切ると2階では玄関チャイムの音が聞こえず、来客に気づかないこともあります。

住みやすさは平屋のほうが上

行動が1階で完結できるので、「平屋は暮らしやすい」という声はよく聞かれます。
平屋のワンフロア構造は、なんといっても移動が楽です。当たり前のようですが、すべてが同じフロアにあるので、生活の動線が短く済み、階段がないので家が上下に分断される事がありません。移動が楽なうえに家を広く感じられるのが平屋のメリットです。
洗濯物や掃除機といった重たい荷物を持って上り下りするのは、かなり体力を使いますし、階段自体も掃除しなければならないのが、複数階のデメリットです。夜間にトイレに行きたくなったときに、2階の寝室から1階のトイレまで降りるのも面倒ですね。若いうちはいいですが、歳をとると、危険でもあります。
平屋は上下移動がありませんので、家事全般がとても楽に行えます。

間取りの自由度が高い2階建て

2階建ては、フロアごとに生活を分けることができるので、客室を1階にまとめたりすることで、空間のゾーニングが容易です。また段差を生かすことで、床面の一部の高さを変える小上がりやスキップフロアなど、平屋にはない豊かな空間を演出することも可能になります。
1階をビルトインガレージにしたり、1階を親世帯、2階・3階を子世帯の二世帯住宅にしたり、様々なライフスタイルに対応することができるでしょう。
家族とのコミュニケーションを活発にするためには、リビング内に階段を設けるなど顔を合わせやすい間取りの工夫が考えられます。

平屋と2階建てで、家族のコミュニケーションが変わる

2階建ては1階との距離感が生まれ、家族同士が顔を合わす機会が減ってしまいます。平屋はワンフロアーですから、家族で顔を合わせる機会が多くなります。つねに家族の声が聞こえるので生活感があるでしょう。誰が何をしているかも把握しやすく、子ども部屋とリビングを別のフロアにすることが多い2階建てなどとくらべると、子どもの様子が把握しやすいので、安心して子育てができます。とくに子どもが小さい時は大きなポイントとなるでしょう。
逆に言うと、平屋は個人のプライベート空間を確保するにはあまり向いていません。2階建てなら、階を分けて部屋を作ることができるので、家族間のプライバシー確保の上でも有効です。
将来的に2世帯住宅などを考えるような場合は、複数階建てにしておけば、様々な居室をが別のフロアに設けることができます。無理に生活を合わせるといった必要がありません。

将来も安心な平屋の一戸建て

平屋の特長である「階段がない」ということは、介護が必要になったときに大きなメリットになります。高低差が少ないということは、構造的な危険が少ないということです。老後になっても、寝室に行くのに2階への階段をのぼらなければならないということがありません。歳をとって2階は物置状態、なんて例をよく聞きます。歳をとると階段を上がり降りする生活は不便ですし、危険でもあります。平屋には階段がありません。老後を過ごすために、階段のない生活はとても楽で安全です。事故も防ぐことができ、安心・安全な老後生活が過ごせます。
健康なうちはよくても、足腰が弱ってきたときのことを考えると、平屋という選択肢は有効かもしれません。ケガをしたときなどにも、平屋のほうが療養はしやすいでしょう。

平屋の一戸建ては地震など災害時にも安心

地震の多い日本では、耐震対策が必須です。平屋は高さが低く、複数建てにくらべて構造的に強く、台風・地震時にも危険が少なくなります。
ちなみに、設計の観点からいうと、平屋は構造的にも強いです。
地震や台風などでも平屋の方が強いとされています。

土地の有効活用という観点から、平屋と2階建てを考えてみましょう

2階建てなら、1、2階に分けて部屋を作ることができますが、平屋の場合は、ある程度の土地の広さが必要になります。単純に、倍の敷地が必要となりますので、土地が高い都心での平屋生活は、かなり贅沢な選択になります。最低どれぐらい面積が必要かはケースバイケースですので、住宅工務店にに相談してみましょう。
一方、複数階の戸建て住宅は、限られたスペースで大きな容積を手に入れられます。階数を重ねるほど、建築基準法の範囲で様々な用途の部屋を設けることができ、収納スペースなども、平屋より多く取れる可能性があります。都心などで広い敷地を確保できない場合でも十分な生活空間を確保できます。
ある程度の広さがある土地があれば、平屋の良さを生かした注文建築が建てられるでしょう。

男性の中には、「広々した空間が好き」「田舎の平屋が好き」など、平屋にノスタルジーを感じる人も多いようです。平屋が嫌いという人はあまりいないかもしれません。
ただし、平屋には、年配の方が住むイメージがあり、女性にとってはそれほど魅力的ではないようです。しかし内装やインテリアに力をいれれば、おしゃれな平屋をつくることもできます。最近ではロフトのついた平屋なども増えています。そんな間取りにすれば、天井が高くなり開放感があり、収納や趣味のスペース、泊まれる客間として使えますね。

迷っている人は必見!あなたの注文住宅は平屋がいいか、2階建てがいいいか? まとめ

いかがでしょうか。
今回は、平屋にするか、2階建てにするかを迷っている方のために、双方のメリットとデメリットをご紹介しました。これらはあくまで一般的に挙げられるもので、実際には立地条件や物件の規模によって、変化するものと思います。住宅に求めるものは、各家庭のライフスタイルや価値観、また時間の経過によっても変化します。
私たち菅谷工務店には、もちろん、平屋も2階建ても豊富な施工実績があり、どちらのお施主様にも「建ててよかった!」と心から喜んでいただいております。家族構成や将来的なことも踏まえた提案をできる菅谷工務店に、ぜひご相談ください。