住宅見学会や内覧会に参加して、「家」の実物を見て決めよう

住宅見学会や内覧会に参加して、「家」の実物を見て決めよう

あなたはお店で買い物をするとき、どうやって商品を選びますか?
できることなら、実物を自分の手で触って、自分の目で確かめますよね。
ところが、注文住宅を建てる場合は、自分で確かめることができません。
そこで、いろいろとややこしい問題が出てくることになるわけです。
でも、じつは、自分で実物を確認するのと非常に近い体験をできる方法が、ひとつだけあるのです。
それが、工務店が開催している住宅見学会です。
候補にしている工務店が住宅見学会や内覧会を開催していれば、積極的に参加しましょう。

見学会への参加をお勧めする理由

「こういう家を建てたいんだよな」
皆さんの頭の中には、すでに理想の間取りや仕様があるかもしれません。
住宅見学会や内覧会で会場になっている家がその理想に近ければ、お店で何かを買うときと同じように、実物を自分で確認するのと近い体験ができることになります。
また、頼んでもいいかなと思える工務店が複数あったときに、それを絞り込むための参考材料になります。

同じように、実際の家を見て判断材料にするなら、住宅展示場のモデルハウスでもいいのでは、と考える方もいるかもしれませんね。
ところが、モデルハウスというのは、じつはあまり参考になりません。
モデルハウスは、平均的な一戸建て住宅よりも広い建物になっていることが多く、中に入っている家具やキッチンなども、その住宅会社が推奨する最上級レベルの仕様のものが備え付けられています。
「あんな家、いいなぁ」
夢を見るだけなら、モデルハウスはとてもいい場所ですが、実際に自分が建てる家のイメージをかためて確認するのでしたら、実際にこれから人が住むことになっている住宅見学会や内覧会をお勧めします。

いい見学会かどうかを見きわめるポイント

住宅見学会や内覧会は、家のつくりを見るのも参考にはなりますが、完成した住宅では、屋根裏とか床下まで見ることはできません。たとえ、多少、建築の知識があったとしても、家のつくりとか細部までチェックすることはできません。
そこで、別の視点から、その工務店の善し悪しを判断できる方法をお教えしましょう。

まずひとつめは、住宅見学会の雰囲気です。
住宅見学会を訪れると、受付をはじめ、その工務店のスタッフがたくさん働いていることと思います。工務店によっては、職人さんも参加して、いろんな質問に答えてくれます。
このスタッフたちが、生き生きと働いているかどうかというのは大きなチェックポイントです。
殺伐として、「お客がきた!」といわんばかりに営業マンが参加者にぴったり張りついてくるような見学会は、すぐに立ち去りたくなります。
中には、女性スタッフが一人で受付だけしていて、中にいるのは、全員手ぐすねをひいている営業マン、というような見学会もあるので、注意する必要があります。
もうひとつは、住宅見学会に参加したあなたを、きちんともてなしてくれているかどうかということです。
参加者の多くは子育て世代の方ですから、奥様とお子さんを連れて参加する場合も多いでしょう。
でも、お子さんにとって、新しいお家は最初は物珍しくではしゃいでしまう場所かもしれませんが、大人たちがじっくりと細部まで見たり、スタッフに質問したりしはじめると、だんだん飽きてしまいます。
そんなお子さんも楽しめるような住宅見学会になっているかどうか、ということがポイントです。
工務店によっては、お子さん担当をちゃんと決めてもてなしているような会社もあります。おもちゃなどを用意して遊んでもらう場所をきちんと用意してあり、ご夫婦でゆっくり見学するよう配慮しているわけです。
お子さんが走り回っても知らん顔をしていたり、逆に、会場を汚されたりすることばかりを気にするような住宅見学会では、落ち着いて見学することはできないでしょう。

お勧めできる住宅見学会は、その工務店で家を建てた「OB」が遊びにきているような見学会です。
「近所だから見にきた」「営業の○○さんに会いにきたんだけど」というようなパターンもあるかもしれませんね。
OB以外にも、これからその工務店で建てるところで、着工待ちなので見学にいらっしゃるようなお客様もあります。
 すでに家が完成していたり、契約して着工待ちだったりして、本当だったらもう家を見にくる必要のない人が来ているような住宅見学会や内覧会を行っている会社なら、信頼できるのではないでしょうか。

見学会の営業マンの見きわめ方

住宅見学会や内覧会では、多くの場合、受付に「どうぞご自由にご覧ください」などという張り紙がしてあって、その家を自由に見られるようになっています。
中には、工務店の営業マンがいますが、ここでその営業マンの善し悪しを見きわめるポイントを紹介しますね。
自由にご覧くださいという言葉通りに、参加された方は、押し入れを開けてみたり、お風呂をのぞいてみたりすることと思いますが、工務店によっては、営業マンがマンツーマンでピッタリと張りついてくるようなところがあります。
なんだか、見学しづらいですよね。
そんな営業マンは、世間話に始まって、
「どちらにお住まいですか?」
「おつとめはどちらでしょう?」
「家族構成は?」
そんなことをいろいろと聞き出そうとしてきます。
こちらは見学する側で、その家についていろんなことを質問したいし、詳しい説明も聞きたいのに、逆に、参加者から情報を聞き出そうとして必死になっているわけです。
じつは、見学者のプライベート情報を聞き出して、いいお客様になりそうかどうかをチェックしているのです。
そんな営業マン以外に、
「弊社はこのほかにもいろいろな仕様があります」
「他社さんよりも割安ですよ」
などと、自社の宣伝ばかりするような営業マンもよく見かけます。
どちらの営業マンも、お客様のことを第一に考えているとは、とても言えませんね。
そんな営業マンがいる住宅見学会は、あまり参考にならないことでしょう。

では、どんな営業マンがよいのでしょうか。
たとえば、こんな質問をしてくる営業マンなら、信用できるでしょう。
「本日は、どのようなことをお知りになりたいんでしょうか?」
いちばんのポイントは、見学者の話を聞く姿勢が見えるかどうかということです。
そして、見学者が知りたいことにきちんと答えられるのが、よい営業マンです。

住宅見学会や内覧会に参加して、「家」の実物を見て決めよう まとめ

住宅見学会や内覧会は、注文住宅を建てる人にとっては、外せない機会ではありますが、日にちも限られており、時間もかかりますから、何軒も回るのには労力がかかります。
目についた見学会に手当たり次第に参加するのではなく、その時点である程度、工務店の候補を2~3社まで絞り込んだ段階で、その比較のために参加するところから始めるといいでしょう。