新築の家を使い勝手よくする、理想の間取りを実現する10のポイント

新築の家を使い勝手よくする、理想の間取りを実現する10のポイント

一戸建てを建てるのに、あれこれと考えるのが最も楽しく、また決めるのが難しいのは、何と言っても、その家の間取りに尽きるのではないでしょうか。
決めるのが難しいのはなぜかというと、ご家族それぞれの要望をまとめなければならないからです。子どもたちの成長がしたら生活も変わり、要望も変化するでしょう。これらの要望をまとめるのが、案外大変なのです。
建ててしまった後に間取りを変更することは容易ではありませんし、毎日の生活を左右する大事な要素ですから、失敗はしたくありませんよね。
今回は、理想の間取りを実現するためのポイントを10個ピックアップしてみました。

収納計画に基づいて間取りを決めよう

間取りについて考えるなら、まずは収納について検討しましょう。
これは自分たちの生活スタイルをきちんと把握することにもつながります。
いくら新しい家に余裕があったとしても、物はどんどん増えていきますし、家族の生活スタイルは変わっていきます。せっかく広い家に引っ越すのですから、美しい収納を目指したいものです。また、使いにくく、不便を感じてしまうような収納スペースになってしまうことがないようにしましょう。

1.自分たちの持ち物を把握する

あなたの家にはどれだけの荷物があるでしょうか。あまりに膨大すぎて、リストアップするのも大変だと思いますが、おそらく自分で思っている以上に多くの物を所有していることはたしかです。新しい家に引っ越す前に、使っていないもの、もう使わないものは極力減らし、本当に必要なものを見きわめましょう。

2.目安となる収納率を知る

収納計画を考える際には、「収納率」という目安があります。
これは、家の床面積に対する収納面積の割合です。一戸建ての場合、およそ12~15%が平均的な収納率と言われています。思ったよりも広いスペースが必要だとわかって、少し焦ってしまいますよね。
もちろん、家庭によって物の量は差がありますが、参考程度におぼえておきましょう。

3.どこに何を収納するかを決める

いくら収納スペースを豊富に確保しても、必要な場所に必要な容量のスペースがなければ、意味がありません。子どもの物、家族の衣服、普段あまり使わないもの、それぞれ置き場所が異なります。子どもの勉強場所はリビングか子ども部屋か、下着の保管場所は洗面所か寝室か、アウトドア用品の保管場所は玄関でいいか、など各家庭の生活スタイルで収納場所を決めましょう。
生活スタイルに応じて、最適の設置場所や容量があるはずです。
千葉県には良いゴルフ場がたくさんありますから、千葉県で一戸建てを建てるなら、ゴルフバッグの置き場所などもきちんと考えておきましょう。

騒音問題で失敗しない間取りにしよう

たいていの場合、新築一戸建てを建てた人があとで後悔するポイントには、この騒音問題が入っています。

4.水廻りの音が気になる

浴室やトイレ、キッチンなど、水廻りの音は、特に夜間などには気になります。
水廻りの生活音は、不愉快に感じるものがたくさんあります。寝室横にトイレを配置すると、夜中に誰かが使用するたびに目が覚めてしまうことになりかねません。また、同様に、ダイニングの近くにトイレを設けると、食事中にトイレの音が聞こえてしまいます。
リビングダイニング、寝室などの居室と、水廻りとの距離を適度に保つのが、こうした公開を防ぐコツです。

5.家の外の騒音をシャットアウトする

家の中の騒音はある程度簡単に対処することができても、道路を行きかう車の音など、家の外からくる騒音は、自分たちの力だけではどうしようもできません。
リビングや寝室などのように、滞在する時間が長い空間は、道路や隣家などの音源から離して配置するといいでしょう。
また音源に近い部分の開口部は最小限にとどめ、ペアガラスなどで遮音性を高めるのもひとつの方法です。

6.子どもが騒ぐ音について考える

とくに小さな子どもがいる家庭では、部屋や廊下を走り回る子どもの足音や叫び声、兄弟げんかの泣き声を気にする方も多いと思います。とくに来客時などは、あまり騒がれると困ってしまいますね。
子どもが騒ぐのはある程度は仕方がないことですし、元気があるのはいいことですから、できることなら自由にさせてあげたいですよね。
子どものたてる音への対策として、子供部屋の位置をあらかじめ考えておきましょう。過ごす時間の長いリビングや、客間の上は子供部屋ではなく、主寝室や収納にしておけば安心です。
またフローリングは、どうしても下に音が響きやすくなります。その場合はクッションフロアにしたり、防音加工を施すなどするといいでしょう。

7.自分の家が騒音の音源にならないように

自分の家が騒音を発してご近所との関係がこじれるようなことだけは避けたいものです。
リビングのテレビやオーディオ、ピアノなどの楽器は、隣家にとっては騒音の音源となってしまうかもしれません。これもやはり、隣家と接する面を開口部を最小限にすることで、音のもれを防ぎましょう。

人が動く「動線」で間取りを決めよう

生活の上で、人が動く「線」を動線といいます。朝起きたら、家族はそれぞれどのような動線を通って洗面をし、食事をして、支度をして、外出するでしょうか。こうした動線は、間取りを決めるための重要なポイントです。

8.家族みんなが動く「生活動線」はどうなっているか

生活動線は、家で生活する家族が移動する時に通るルートです。
リビングを通るときにテレビとソファーの間を通るので、テレビがそのたびに見えなくなるとか、朝の忙しい時間帯に、お母さんの家事動線と、出勤や登校をするお父さんや子どもたちの動線が重なると、家族みんながストレスを感じることになってしまいます。そのような配置や間取りは避けたいですよね。

9.家事の動線を考慮するのが基本

毎日の家事は、生活の上で避けて通れないものです。この家事ルーティンが、時間的・体力的に最も効率的にすることができれば、負担を最小限にすることができ、ゆとりのある暮らしにつながります。

キッチンとダイニングは、直線的に移動できるようにすることで、配膳しやすくなります。
また、キッチンを玄関近くに配置すれば、水などの重い荷物を運ぶ距離が短くなります。キッチン横に、調理器具や買い置き食品などをすっきり収納できるパントリーを設けるのもいいでしょう。

洗濯は、洗濯機→物干し場→畳み→収納というのが一連の流れです。この4つの作業をする場所が直線をなしていて、かつ距離を短くすれば、作業効率が高まります。

掃除は段差が少ないと掃除機をかけやすくなります。家具を減らして収納を作りつけにすることで、掃除しやすい空間となります。行き止まりのない回遊型の間取りにすれば、掃除機もかけやすくなります。

10.来客があったときの動線も忘れずに

来客があったときに、どこをどのように通すのかということも大切なポイントです。重要なのは、プライベート動線とお客様の動線が重ならないということです。
玄関から客間への動線上に、家族が集まるリビングや浴室や洗面所など、生活感の出やすいプライベート空間を配置すれば、気まずい思いをしないですむでしょう。

まとめ ~間取りは生活スタイルと密接にかかわります

家庭によって、生活スタイルや考え方は様々です。
ある家庭にとって住みやすい家が、あなたのご家族にとって良い家かどうかはわかりません。どんな間取りにも長所・短所があるのです。
家族全員の要望をかなえて完璧な間取りにすることは、難しいことですが、家族でよく話し合い、うまく優先順位を決めて、理想の暮らしができる住みよい家を目指しましょう。
私たち菅谷工務店では、これまでに培った豊富な経験と知恵を駆使して、お施主様の夢と幸せを実現するために、最大のサポートをさせていただきます。