気をつけたい新築のシックハウス症候群問題

気をつけたい新築のシックハウス症候群問題

夢の一戸建てがついに完成し、いよいよ新生活スタートをするというのは幸せの絶頂であるといえます。
ところが、もし、あなたや家族の健康が損なわれてしまったらどうでしょうか。本当に縁起でもないことですが、新しい家に引っ越してから、次第に体調が悪くなってしまうというケースがあるのです。
今回は、なぜ新しい家と病気の関係性と、そんなことにならないためのポイントについてご紹介していきましょう。

新築の家でこんな不調に悩まされることが!

一戸建てに移り住んでから体調を壊してしまう人は、身体の広範囲にわたる症状を訴えることがあります。子育て世代の方が多いと思いますので、ご家族の体調不良は本当に深刻ですよね。

新しい家に引っ越して起こる身体の不調の例

 

  • 頭痛
  • 発熱
  • ほてり
  • めまい
  • 目の痛み・かゆみ
  • 鼻炎
  • くしゃみ・鼻水・鼻づまり
  • のどの痛み
  • 咳・痰
  • 吐き気、嘔吐
  • 食欲不振
  • イライラ
  • 指先の震え
  • 動悸、息切れなどの呼吸困難
  • 異常な発汗
  • 血圧の変化
  • 腹痛
  • 下痢
  • アトピー
  • 皮膚炎・湿疹・じんましん
  • 花粉症
  • 疲労感
  • 寒気
  • 関節痛
  • 集中力の低下
  • 不安神経症
  • 倦怠感
  • 不眠
  • うつ症状
  • 月経異常などバイオリズムの変調

このようなアレルギー疾患は、化学物質過敏症とも呼ばれており、化学物質に身体が過敏に反応することによってもたらされます。予備軍を併せると1,000万人を超える患者がいると言われています。
では、化学物質と新しい家とは、どんな関係があるのでしょうか。

新築の家で体調を壊してしまう原因とは

アレルギー疾患の症状があらわれてしまう原因の多くは、せっかく建てたばかりの家そのものにあります。

住宅や家具に使用されている木材や壁などには、有機溶剤や防腐剤・防虫剤・防蟻剤等が使用されています。防腐剤や防虫剤は、昆虫やシロアリなどから木材を守るために必要なものです。しかし、揮発性の有機化合物が発生することがあるのです。
また、最近の一戸建ては、冷暖房効率を向上させるために高気密化しています。窓や壁、天井等に隙間がなく、サッシなどによって、屋内の気流が遮断されています。建材や家具から発生する揮発性の有害物質が屋内にこもることになり、身体に悪影響を与えてしまうのです。
こうした有害物質による身体の不調が、シックハウス症候群です。

シックハウス症候群は、長い間、原因不明とされてきました。同じような症例が新築・改築のビルやマンション、病院などでも報告されるようになり、問題としてクローズアップされて、2003年には建築基準法の改正、原因物質が規制されるようになりました。

揮発性有機化合物は、春から夏へと気温が高くなる時期に、急速に発散量が増加することがわかっています。ですから、暑くなるにつれて花粉症やアレルギーの症状がひどくなるような場合は、シックハウス症候群を疑ってもいいかもしれません。

シックハウス症候群は、建材等から発生する物質だけに原因があるわけでもありません。
日常的に使用している生活用品、換気扇や排水溝等、様々な要因が重なって起こることがあるので、定期的に部屋をメンテナンスすることが大事です。屋内に有害物質が蓄積しないようにしっかり換気をしましょう。

また、そうした化学物質以外にも、ダニ、カビ、微生物による空気汚染も、身体の不調を引き起こす原因となりえます。
部屋の空気が臭いと感じたら、カビの胞子が飛び散っているからかもしれません。虫にさされたような痕ができたら、布団や畳、じゅうたん、ソファなどにダニの発生を疑ってみましょう。これらも、エアコンや布団などの掃除や換気によって防ぐことができます。

新築一戸建てを建てる方を襲うシックハウス症候群の原因物質

厚生労働省では、次のような有機化合物の濃度指針値を発表しています。

シックハウス症候群を引き起こす物質

 

  • ホルムアルデヒド(合板、壁紙などの接着剤)
  • アセトアルデヒド(防カビ剤、香料)
  • クロルピリホス(防蟻剤)
  • トルエン(内装材、家具などの接着剤、塗料)
  • キシレン(内装材、家具などの接着剤、塗料)
  • エチルベンゼン(内装材、家具などの接着剤、塗料)
  • スチレンポリスチレン(樹脂、合成ゴム)
  • パラジクロロベンゼン
  • テトラデカン(灯油、塗料)
  • フタル酸ジ-n-ブチル(塗料、顔料)
  • フタル酸ジ-2-エチルヘキシル
  • ダイアジノン(殺虫剤)
  • フェノブカルブ

現在、これらの物質の多くは、その有毒性の高さから規制されていますが、ホルムアルデヒドは、等級を明示すれば使用できないことはなく、合板のフローリング剤として、接着剤や塗料、繊維の加工などに利用されていることがあります。フローリングや家具類などの木質系のもの、ビニールクロスを貼る接着剤、カーテンなどに含まれている可能性があるわけです。

アトピー体質の家族を守る住まいのポイントとは

そんなシックハウス症候群を予防するには、どうすればいいのでしょうか。

新築の際の建材選びに注意を払いましょう。上にあげたような物質を使った建材を避けることで、シックハウス症候群の発症リスクを低くすることができます。
昔の日本の家は、天然の木を使い、壁は珪藻土や漆喰と自然素材のみでできていました。天然素材を使用することはアレルギー疾患の発症を抑えることになります。
たとえば、合板フローリングなどの合板にはどうしても接着剤が用いられますから、一枚板の無垢材を使用するといった工夫することで、化学物質の量を抑えることができます。

また、ベイクアウトも検討してみましょう。化学物質の温度に応じた揮発性を利用して、人工的に部屋の温度を30~35度に調整し、化学物質を揮発させて換気を繰り返すものです。新築時の家の引渡し前に行うのが一般的で、家具の引き出しやタンスのドアをすべて開け、100時間ほどかけて行います。

シックハウス症候群の対策は、まめな窓開けと換気です。入居前にベイクアウトを行うか、できるだけ換気をしましょう。

気をつけたい新築のシックハウス症候群問題まとめ

新築一戸建てという大きな買い物をするのに、シックハウス症候群の対策はおろそかにはできないません。
シックハウス症候群やアレルギーの問題は、様々な法規制による対策が講じられていますが、日々、新たな建材や家具・日用品が導入され、新たな問題が生まれてしまうのが現状です。
健康にも配慮した、快適な家をつくってくれる信頼できる住宅工務店を選ぶことが大切です。経験が豊富な工務店は、お施主様の家族の健康を第一に考えています。
アトピー体質のご家族がいて、シックハウスが心配な場合は、千葉県香取市を中心に東は成田市、南は芝山町、横芝光町、茨城県神栖市で何百棟もの一戸建ての建築実績がある、私たち菅谷工務店に相談してみてください。住まいの専門家として、お施主様のご家族みんなの健康を考えたお住まいを必ずご提供します。